【伊東エリ】やっぱり飽きてきた – いやらしい美尻 伊東エリ

本編はこちらから

いやらしい美尻 伊東エリ

女優名: 伊東エリ

「アナルモザイク」さえなければ、彼女の「最高傑作」と呼べる一本

元アイデアポケット専属女優「伊東エリ」のアリスJAPAN出演第2弾。

いやらしいかどうかはともかく、スレンダー美女に相応しい「美尻」の持ち主といえる。

特に、ウ○コ座りの体勢で生尻を下から舐め上げるように撮るシーンは、秀逸。

もっとも、メジャー系の作品では仕方がないとはいえ、「アナルモザイク」の存在が大いに悔やまれる所である。

正直、尻フェチモノで「ケツの穴」が直接見えるか見えないかは、卑猥さに「天と地」くらいの差がある。

それでも、アリス初出演となった前作と比べると、プレイ内容自体は、格段にハードになっている。

「アナルモザイク」という巨大な壁こそあるが、全体的に「これ以上ないくらいの恥ずかしい姿」を拝ませてくれる。

御尻はキレイだが、アナルのぼかしはダメ

☆1から5までの評価で借りるのを迷ったが、やはり失敗。

たしかにお尻はキレイで見ごたえがあるが、アナルのボカシはやめるべきでは、興ざめ著しい、監督が悪いの?

女優の良さが出ていて良い

おしりの肌の状態も良く、騎乗位で肉付きの良いおしりがプルンプルンと揺れるのは良かったです。

お掃除フェラもこれでもか、というぐらい吸い付くし、バックでは自分で腰を振ったり、全体的にガンガン突かれまくり、感じてあえぐため、エロ度は高いです。

背面素股では、おしりが綺麗なのでパイずりみたいに見えて、なかなか良くかったです。

男優がクンニ中にマン屁をして、恥ずかしがるのはこの作品の中では、特に良かった。

それは有り得ん!

尻フェチにとっては、タイトルを見ただけで興味を持つ感じです。

女優も、尻もいい感じなので、この時点で評価はかなりいい。

が!内容というか・・・今時の作品で、アナルぼかしって・・・尻の作品でアナルぼかしって、まず有り得んでしょ!

上品だけど本当はド助平な女、伊東エリのエロい尻をタップリ堪能

4人の男優は皆、エリとエリの美尻に魅了され、ノリノリなのが伝わってきた。

とくに最後の実力派男優・戸川との絡みは素晴らしく、いつもは寡黙(?)な彼には珍しくボソボソ声をかける。

たいていのAV女優なら、スタイルがよくて尻が大きければ美尻だけど、長身でスリムで上半身はあんなに薄い(貧乳がシミジミ残念)のに、尻と太腿はムッチリした美尻だけに、付加価値の高い美尻だなぁ。

こんなにいい作品なのにモザ問題で平均点が低いのは、返す返す、残念。

収録時間はセルと同じだし、モザも、よくある(?)「一昔前の作品かよ」と思ってしまうほどひどくはないし、ともかく内容が素晴らしいので、私はこれぐらいのモザで、なんのストレスも感じませんでした。

まだデビュー作とアリスの総集もののふたつしか見ていないけど、これが最高傑作(?)だったら淋しいなぁ。

極上ケツ肉

綺麗なお尻しているわ,伊東エリ。

アナル丸見えの騎乗位ファック,ガン突きファックなど見応えあります。

オイルでテカった美尻は,生ツバものです。

極太を必至にシゴくフェラもイイ感じです。

ケツ肉ばかりじゃなく,ボディー全体,お姉系の美顔も素晴らしいです。

レーベル勝ち

レーベル変えて再デビューです。

おそらくアリスの対応は非常に良いんでしょうね。

女優さんも以前と比べてもリラックス具合が違います。

麻美ゆまちゃんもレーベル幾つかまたがってますがアリスの作品がダントツでいいですからね。

ボカシも納得のレベルでしすし。

最近のセル・レーベルのボカシ検閲のビビリ具合はホントにゲンナリします。

全体的に良いですが予期せぬマン屁連発で本人が恥ずかしがっているシーンはたまりません。

やっぱり飽きてきた

確かに伊東エリの最大の魅力はお尻なのでしょうが、出る作品、出る作品同じ傾向のモノでは当然飽きる。

見せ方にしてもほとんど変わり映えしない、タイトルだから仕方ないが、内容的にアナルのアップばかりでは。

これならIPデビュー作だけ見てれば良いのであって、アリスで復活した意味がない。

お尻に固執せず、伊東エリという女優の別の魅力が引き出されるような作品に期待します。

本編はこちらから