【浜崎りお(森下えりか、篠原絵梨香)】天才浜崎がインスパイアした傑作 – おっぱい仮面HD〜ハイパーデカパイ 浜崎りお

本編はこちらから

おっぱい仮面HD〜ハイパーデカパイ 浜崎りお

女優名: 浜崎りお(森下えりか、篠原絵梨香)

カラミも重視している

ドラマを強調しすぎることなく、意外にしっかりAVしている。

元ネタの影響というのはあまり感じないし、どちらかというとパロディーAVだろう。

男たちへのおしおきプレイでも女のほうが感じさせられてたり、痴女系のカラミだけでないのもいい感じ。

個人的におすすめはSな女王様をマゾに堕とすレズ制裁シーン。

きつめな顔した女王様がマゾ顔にかわっていく姿がエロすぎる。

最上級のオッパイ

浜崎りおちゃんが、性格の暗い主任を演じています。

部下からも馬鹿にされていますが、実はおっぱい仮面だったとは・・・。

さすが、おっぱい仮面ですから良いオッパイをしています。

最上級のオッパイです。

余計なシーンも多かったと思いますが、そんな素晴らしいオッパイが堪能できる作品でした。

天才浜崎がインスパイアした傑作

70年代の元ネタ漫画は、主人公のデザインこそ世紀のアイデアだったが、ストーリー的には面白みのない出落ち作品だった。

もちろん、こちらもストーリー的には大したことはないし、気にならない程度には作り込んで欲しかった。

しかし、生身の人間が元ネタの絵に描かれた女よりはるかに完成度が高いという奇跡が実現しているのだ。

チープなセットもセリフも画面作りも、もう大した問題ではない。

メガネのブスかわOL、良い。

最後の絡みで一人の地味目な女として薄メイクでのセックスもいい。

仕事着のパッツンパッツンブラウスは巨乳の見せ方としては定番。

おっぱい仮面のデザインも完成度高い。

浜崎の胴体ラインを引き立てて、そちらに自然に視線が集中させられて体が改めて新鮮になる。

ラストの映画風のタイトルバックで「元のブスOLがちょっとおしゃれしている」風の歩き姿を撮っているんだけれど、そこでもこれまでにない魅力を引き出している。

この作品全体として女優・浜崎りおに対する愛情、良さを引き出そうとする姿勢が半端でない。

設定としてはもう一つ加えて、「たっぷり胸を揉まれないと変身できない」というのも入れたらどうだったろう。

例えば、電車の中の痴●や自分に憧れている新入社員に揉むように頼み、時には敵の欲望を利用して上手く変身する。

敵はおっぱい仮面にセックスでエネルギーを吸い取られて死んでしまうが、おっぱい仮面はそのエネルギーを善人へとやはりセックスで分け与え、分け与えられた人々には幸運が訪れる…こんな流れで1時間のストーリーAV何本か作れたんじゃないだろうか。

エンドタイトル見ると、続編の可能性も考えていたようだが…1本で終わらせたのが勿体無い!<浜崎りお作品はレベルが高いので☆の価値切り下げてます。

実質☆6以上>
本編はこちらから