【妃悠愛(長澤杏奈、水原里香、木崎祐子)】期待しすぎたか・・・ – 隣のいいなり妻 妃悠愛

本編はこちらから

隣のいいなり妻 妃悠愛

女優名: 妃悠愛(長澤杏奈、水原里香、木崎祐子)

芝居として見ると落第、でもAVとしては及第なので問題なし

芝居的な要素を期待して見るとストーリー性がないのでダメです。

ただ、単なるAVとして見るとよい作品です。

忙しいビジネスマンは当然チャプターとばしてHシーンの所だけ見ると思いますので、そのような人にとっては特に問題はなくよい作品です。

よいところは ?大股開きの肛門丸見えで抱え上げられて、マンコに指マンされて、潮吹きさせられ辱められます。

?バックからの開脚騎乗位もきちんと顔と局部がよいアングルで写っています。

?妃悠愛が上手にメイクしていてケバくなく、自然な感じなのですごくきれいに撮れています。

?男優がヒワイな言葉で彼女をいたぶりますが、妃悠愛があくまで上品なのでとても興奮します。

ひたすらオラオラ展開

ストーリーはあって無いようなものです。

弱みを握られる課程も唐突で、あとはひたすらオラオラ展開です。

ストーリーやシチュエーションを期待する人はやめた方が良いと思います。

極上の素材を3流シェフがお届けします

素材の女優は超がつく一級品レベル、だがメーカー・撮影者は超がつくド素人集団でした。

まずこのメーカーは、すぐ女性に飛びかかるわ、すぐ抱きつくわで、じっくり見せるという事を一切しません。

シーン2で両手固定して自由を奪っておいても同じ、いきなりあっさりと胸をさらけ出します。

なんの為に両手固定したのでしょうか?形だけのAV作っても見る側の興奮度は低いものです。

こんな製作集団じゃ、いくら女優が☆5つでもどうしようもない。

オレ達がSEXビデオ作ってやるから、おまえら(客)は黙って見てろという感じの売り手主導な昭和時代のAVみたいです。

もうSEXを見せればいいという時代はとっくに終わってますよ。

見るべき価値はどこにもありませんでした。

キスシーン

最近のAVには、やたらとキスシーンが出てくるが流行なのだろうか。

AVでキスシーンを見せられて何が楽しいんだか、理解に苦しむ。

いいなり妻最高

妃悠愛いいですね特におやじ風の男との激しいセックスは◎細い体からパワー溢れる妃悠愛の声は最高です

ドラマはクソだがカラミはエロい

この監督の作品は脚本がクソというのは常識で大前提。

それでもエロいカラミを撮るので、その部分だけ楽しめばOK。

男優も中盤までの貧乏くさい男優は雰囲気があるが、ラストのベテランオッサン男優とのカラミはありきたりで面白くない。

男優社会の序列が上だからといっていい仕事をするわけではない。

どれだけ大物か知らないが、はっきり言って余分だし邪魔。

美しくもエロい人妻 悠愛さんにメッチャ興奮

Hな雑誌に欲情、オナニーする姿(何故か作品紹介文に有る男と電話越しにオナニーと言う場面は無いが)を隣の旦那に見られ写メ撮られそれをネタにHを強要初めは嫌がりながらも一度火が付くと言いなりになってしまう悠愛さん美しくも淫らな人妻の姿態に隣の旦那から友人、又違う隣家の旦那と情事の輪は広がって行き・・・フェラは殆どイラマ、まんグリ 騎乗位 駅弁等次々と変る体位もハメてる所バッチリのエロい格好で感じるお顔も美しい悠愛さん前半の3Pシーンだけでも見応え有りですが二本の柱の間に黒下着に網ストッキング姿で拘束玩具攻めされる悠愛さんと他にも見所一杯最後は隣の旦那から愁愛さんの事を聞いた又別の隣人の家に呼び出され足元に置かれた照明の光が照らし出す悠愛さんの股間手マンでお漏らし、バックで突かれおち〇ちんが出入りするお〇んこも露わに、トロリと流れ出しアナルに滴る本気汁にメッチャ興奮

滅茶苦茶なレビューもあるが

最初に厳しいレビューもあるが、作風など各社それぞれであり、気に入らないなら見ないといいと思うが。

タカラのモミジシリーズは、ストーリーのつなぎなどの時間は最小限にし、とにかく長い時間エッチシーンが見れるのが売りでしょう。

そのエッチシーンも決して単調とは思えませんし。

それと映像の綺麗さ、ヒストン時や局部の接写映像も長く収録され、撮影アングルも豊富さ(時々余分なものもあるが)が売りでしょう。

また、あえぎ方などは、きちんと制作側が要求しているように思える。

これらの方針が、シリーズ全般でほぼ守られているので、購入するにしろ、レンタルするにしろ視聴者は安心できると思うが。

エッチシーンが充実していれば、ストーリーなど細かく組み立てて行かなくとも、十分楽しめると思います。

お股のゆるい、イケナイ若妻、悠愛

このシリーズは紗奈、結に続いての鑑賞で、この2作がほとんど同じpatternだったのには、オヨヨ!で、気になって本作を見てみたら、かなり違っていて…。

(1) onannieしてるところを写メされ、脅かされて変態男優イェーイ高島と細目・多汁の二人がsofaで…。

なにせ、お股がゆるいので…。

(2) リッチなリビング(?)で、立ったまま手足を拘束され、オモチャで細目が散々…。

(3) 廊下で、高島に後ろから…。

(4) 細目がつれてきた男をフェラ抜き。

不要。

(5) 助平親爺、山形に迫られ、最初は嫌がっていたけど、↑なんで…。

行灯のを置いた床の間での潮吹き、ハメ、niceです。

期待しすぎたか・・・

女優さんはいいですよ、女優さんはね・・・でも人妻だからさぁ。

もっと、リアル感だして抵抗しながらも犯●れるっていう内容にしてほしかったよ。

本編はこちらから