【沢村麻耶】もっと自然な設定でもよかったのに・・・ – 祖父の介護に来るヘルパァ 沢村麻耶

本編はこちらから

祖父の介護に来るヘルパァ 沢村麻耶

女優名: 沢村麻耶

どうしてこんなに優しさが溢れるのか

一部主観シーンも入ってくるのだが、そこでの「お仕事ですから…お仕事ですから…」と何でも要求に応えてくれるところがたまらなくいいです。

その優しさの溢れ方が最高です。

もっと自然な設定でもよかったのに・・・

寝たきりで痴呆気味の父親を介護する独身の息子2人。

会社勤めをしながらの介護はつらく、いっそ父親を殺してしまおうとまで追い込まれ、訪問介護のヘルパーを雇うことにした。

熟女ヘルパー沢村が父親の世話をしに来たら、息子たちが盗み見して関係を迫るという、脅迫まがいのことをさせるのはどうか。

兄弟がそこまで追い込まれていたなら、感謝の気持ちから愛情がわいてきて、沢村も同情が愛情に変わるという展開のほうが自然だろう。

長男が沢村を気に入ってベッドで一人夢想してオナニーするのはありそうでよかったし、風呂場で沢村の衣服が濡れてすじマンが強調されるところなどはよかったが、沢村が帰宅後黒い下着に黒のスリップを装うので、何が始まるかと期待してたらただのオナニーとは。

父親といい、長男といい顔馴染みの演技派の役者を起用しているのに使い切れていないという印象。

本編はこちらから