【浅野唯】どうしようもない駄作だな – 籠城5 西野翔 妃乃ひかり 浅野唯

本編はこちらから

籠城5 西野翔 妃乃ひかり 浅野唯

女優名: 浅野唯

式場で新婦と

脅迫方法の説得力のなさはさて置き、時間停止モノと違って、双方の親戚を含む大勢の招待客の目の前で、新婦とヤりまくる…近親者も織り交ぜれば、さらに凄いかもw

抵抗感が足りない

結婚パーティ会場を占拠してレ●プするのはいい設定だが、西野翔以外ヤル方もヤラレル方も抵抗がユルイもっと爆弾の恐怖とレ●プの拒絶との葛藤が欲しいどうせなら、出席者全員で乱交するまでやったらどうかまず、新婦と新郎の間に猜疑心を生ました後で前田が新婦をレ●プしても新郎には響かないだろう西野翔も二人に犯●れることになるが、一人目ががっつぎ過ぎで新婦の抵抗も弱いし二人目の前田には放心状態だからレ●プ感も乏しい(「恥ずかしい私を見ないで」がいい感じだった)前田X新郎にあこがれていた女(浅野唯)新郎X新婦の親友、新郎が口説いていた女(妃乃ひかり)元カレX新婦(西野翔)抵抗弱前田X新婦(西野翔)放心状態せっかくギャラリーがいるんだから、もう少し生かされたらいいのに

結婚パーティ会場を占拠

ある会場を占拠する設定は数あれど、結婚パーティの設定はなかなかない設定かと思います。

最初の浅野唯の部分が個人的には良かったです。

ストーリー、女優ともかなり満足できる出来で、籠城シリーズでは一番の良作かと思います。

翔たろー、今回も孤軍奮闘!

まずはここのレビューにあるほど悪くない。

レ●プものは数あれど、「結婚式の2次会」という特異な状況は初見。

パーティー用にアップにした髪型が徐々に崩れていく様には他にはない独特のエロスがある。

社内結婚という状況の中、かつての男女関係を餌に揺さぶりをかけ性交渉を強要する犯人の行為も良い。

…はい、ほめるのはここまで。

他のレビューにもある通り、妃乃ひかり、浅野唯の存在意義がまったくわからない。

単に頭数を増やしたかっただけか。

あとは男優の演技がお粗末すぎる。

翔たろーが今回も迫真の演技で作品を作り上げているのに、男優の演技ですべてが台無しに。

パーティー会場に爆弾を仕掛けたというが、犯人が被害者を脅迫するのに使用するアイテムが起爆装置ってのもお粗末。

銃とは言わん…せめてナイフくらい持たせてやれよ。

まったくシナリオ、演出もお粗末。

ということで今回も、日本のAV界の至宝、西野翔の孤軍奮闘という結論に。

まったくもって至極残念。

新郎の部下であり元カレと噂される男にバックで突かれながら必死に身の潔白を証明せんと新郎の膝にすがりつく表情は、まさに翔たろーの真骨頂!今日も、西野翔と同時代に生きていることに感謝するのであった。

翔たろー+2人で90分とは!

損した気分、DVD価格も高すぎるし、お目当ての西野翔さんが不完全燃焼なのも痛い(;∀;)個々では人気のない妃乃ひかり&浅野唯は余計と言うか一昔前に流行った悪質な抱き合わせ商法の典型。

とてもじゃないが推奨はできません(#゚Д゚)

どうしようもない駄作だな

西野翔、目当てで見たけど、後半の、暗い画面になってからパコパコされているので、映像が不鮮明で×。

6000Kbpsのわりには、画質、ヘタレ。

時間の無駄だった。

本編はこちらから