【佐々木恋海(向井恋)】向井さん可愛い – 肉欲暗示 催●によって堕ちた上司の妻 向井恋

本編はこちらから

肉欲暗示 催●によって堕ちた上司の妻 向井恋

女優名: 佐々木恋海(向井恋)

女優さんを生かす演出

催●術により、発情させられ感じる姿の演技はなかなか色っぽくておすすめです。

トロんとした目付き、快楽をむさぼりつくすようなディープキス、なまめかしい腰使いは淫靡さを醸し出しており、女性の身体、表情の色気をうまく伝えるカメラワークもすばらしいです。

恋ちゃんの艶やかさをうまく引き出している作品だと思います。

代表作

といってもいいでしょう。

向井恋の初々しい魅力というか魔力というか…。

自分もこんな人妻を思いのままにできたらと催●術を覚えようかと思いました。

最後はちゃんとオチが欲しい!

彼女は好きな女優さんの一人ですが、この作品が出た頃はまだ知らず、名前が変わってから彼女を知りました。

肉付きの良いボディーとトロンとした垂れ目が愛嬌のある女優さんです。

作品のストーリーは良く出来ていて、若干彼女の演技がぎこちないが、男優陣の演技力でカバーされており、秀作と言えるでしょう。

他のレビューにもありますが、最終的にこの部下は彼女をどうしたいのかが見えて来ないので、やや物足りない終わり方となった。

他作品では、最後旦那にバレて泥沼になったり、バレた後で部下がクビになり彼女と旦那がヨリを戻したりとか、ちゃんとオチがあるもの。

今後はそこら辺のヒネリを期待したい。

効いてないけど効いたふり

いわゆる催●ものだが、さすがながしめ監督だけあって単純な作品は作らない。

催●が効いていないにも関わらず、凌●的な羞恥快楽を味わうために効いてるふりをして男のいいなりになる人妻がなんともエロい。

基本は暗示であって、これは意識に言葉を刷り込む洗脳。

被術者をロボット化するような催●術とは違うことになってるが、ご都合主義で催●術と混ぜて使ってるため分かりづらい。

作品で最も重要なシーンは催●状態で全裸掃除をさせられてる最中に急に男に電話がかかってきて、その音で催●状態から覚めるのだが、男は電話に気を取られてて気づかないというシーン。

これ以降、仕組みを知った人妻は一切術にかからないのだが、男は術が効いてないことに気づかず、男と女の化かしあいが最後まで続く。

男が勝手に家に入って来られる理由がよく分からなかったり雑な演出もあるが、総じて個性的ないい作品だと思う。

いいねぇ

向井恋いいわぁ、居そうで居ない、超えろえろで、肉欲セックスのとりこになりそうな。

エエ女ですねぇ。

寝取られ感もあっていいです。

あり得ないことながら

心のどこかにある願望を、そのまま映像化したような作品です。

 女優さんの美しさもあって、とてもいい作品になっています。

 特段凝った演出もなく、お金をかけたセットでもありませんが、それでもいい作品には何か心の奥を突くものがありますね。

惜しいのは最後。

 もう少し欲望を満足させるようなストーリーが欲しかったです。

ドッストライク

恋さん、サンプル画像を見て即購入しました。

好みの顔、ムチッとした体、自分にはドッストライクでした。

ただお尻のあたりに吹き出物なのか、見うけられましたが絡みは良かったです。

恋さんの肢体には裸エプロンが似合っていました。

表情はオナっていう時が一番好みだったナ。

とろーんとした表情

女優さんの体・そしてとろーんとした表情がたまりません。

こんな奥さんだったら自分はどうなってしまうのだろう?

なかなか良い。

女優さんはなまめかしくて、色気がある。

ストーリーも面白くて、途中で催●が覚めた後の展開が良い。

感情移入できて、エロいわ。

最後が電マ攻めで終わるのが、やや不満。

あと、心理学と心療内科は関係ないよ、とかまあどうでもいいね。

向井さん可愛い

相変わらず可愛く、色気も感度も良好で 良い作品だとも思います。

 彼女は、感じているときの「足指」の開きとか反りが見事ですが、今回は見れませんでした。

 もうちょっとカメラを引くと良かったです。

 「嫁は他人にNTR・・・」が参考になります。

本編はこちらから