【姫咲しゅり】本気でエロいしゅり嬢に拍手! – 拘束椅子トランス 姫咲しゅり

本編はこちらから

拘束椅子トランス 姫咲しゅり

女優名: 姫咲しゅり

やはり物足りない

拘束椅子という響きでかなりハードな攻めを期待してしまうのですが、いつも何か物足りないです。

いつもは強気な役が多いしゅりちゃんの一方的に攻められる姿が見れたのは良かったですが、ちょっとそれだけでは。

塞翁が馬

和風美人で胸もお尻も形が良く体中一点の曇りもないほど白くて綺麗な肌です。

しかし、こんなに透けるように綺麗な肌の女の子が彫師の目に付く所に居たら…。

森下くるみと共演しないうちは引退できないと言っていたそうですが共演しないまま引退してしまったようです。

美女が崩壊していく姿がいいです。

和風美人で痴女な姫咲しゅりが壊れていく姿が最高です。

壊れ過ぎてちょっと引いてしまいましたが、痴女のイメージとは、かけ離れた姿を見る価値は十分あります。

綺麗ですね

しゅりは美形だしからだのラインも美しい。

M字開脚荒縄拘束シーンが勃起ものです。

欲を言えば内容に一工夫欲しかった気もするけど仕方ないですね、シリーズものなんで。

私はしゅりちゃん大好きなので

サイコーでした、こんな美しいしゅりちゃんが身悶える姿サイコーです。

腕の刺青が拘束椅子で噎び淫鳴く!

美痴女“姫咲しゅりチャン”の腕の刺青がこれだけはっきり写っている作品はあまり無いのでは…拘束椅子で指マン・バイブでイキ地獄を味わい快楽の涙が零れ落ちる。

腕に彫られた刺青も快楽で噎び淫鳴いている様でエロいっす。

感動巨編

2時間以上あるのに、シーンは3つしかありません。

サクサクと場面が変わっていく昨今のAVとは一線を画した、非常に濃厚な作りの作品です。

これまで素を見せられなかったAV女優が、ガチンコファックで素顔をさらけ出す。

一見苦痛であるかにさえ思える責めで、自分自身も知らなかった新たな自分に出会う。

久々に、加藤鷹センセイの至高のテクニックを堪能できたという意味でも大満足です。

しゅりちゃん。

しゅりちゃん可愛いねー!どんな状態になってても可愛くてエロもだけど見とれてしまった。

肌キレーって。

恐怖と快楽は背中合わせだね。

3日かかって見ました。

濃いことには濃い

濃いことには濃い。

どこか物足りない。

キレイな方ですね。

普段は痴女モノに出られてる女優さんなんですね。

インタビューの雰囲気ではホワンとしてて、そんな風には見えませんでした。

プレイの間に、『どうだ!?こういうのカメラも気になんないだろう!?』とか『もっと気持ち良くなりたいだろ!?』とか言う、スタッフ(?)の人がいちいちウザかったです。

女優さんは演技ナシでいこうと頑張ってるのに、その低温ボイスでちょっとクールダウンしちゃいました。

んでも、それはさておき、女優さんが、『怖い、怖いぃ。

』って、泣いてるところは素敵でした。

後は、電マとか普通の絡みとか。

もう少し、工夫があってもヨカッタかなぁ、、と。

”ぶっかけ”以降、早送りでしたw

どうして弥勒菩薩なの?

彼女の透き通るような白い肌に、グロテスクと想えるような弥勒菩薩の刺青。

これだけでも”凄い”といえますが、パーフォマンスも最高です。

ただ、どうして弥勒菩薩なのか 彼女に聞くべきでした。

本気でエロいしゅり嬢に拍手!

めっちゃ興奮を覚えた!綺麗系のしゅり嬢が拘束され鷹さんに攻められまくりで本気で泣きながら感じているのが最高にイイ!かなりこのシリーズは長編なんだけど全てのシーンが見所で飽きさせない。

最後の絡みは完全に二人の世界でリアルがそこにはあった気がした。

パーフェクト!!
本編はこちらから