【藍色りりか】女優のノリが怖い – 100万×中出し 女が欲しいのは愛かお金か中出しか!!?AV女優37人の新感覚中出しサバイバル!!

本編はこちらから

100万×中出し 女が欲しいのは愛かお金か中出しか!!?AV女優37人の新感覚中出しサバイバル!!

女優名: 藍色りりか

おもしろい!!!

正直、どこまでがガチなのかは分からない部分もありましたが、女優さんのオフっぽいところ、性格の部分も見れてドキュメント映像としては、だいぶ面白かったです!ただ、AVとして見ると、どこで抜くのかな?抜かせたかったのかな?といった疑問は少しありました笑。

とはいえ、こんな大規模な作品作ってくれてご苦労様でした。

抜けない、だがそれがいいという新しいジャンルの構築

恋愛したい。

100万ほしい。

出演して有名になりたい。

自分の名前を残したい。

目的は様々なAV女優が集いひとりの死闘と男性の心を射止めるために集まり駆け引きをするドキュメント作。

恋愛バラエティ「バチェラー」のパロディだが、きちんとした恋愛バラエティ。

たとえ目的はお金でも、選ばれるためにはあなたが好きという演技をしなければいけないという女優としての力量、エロテクニックが求められるのだ。

AV会社が手掛けるこの手の企画というとAIKA、阿部乃みく、紺野ひかるが出演した「今日だけ、AV女優を辞めます。

」があるが、こっちのほうが断然AVしてるし、バラエティーとしても面白かった。

なにより普段の作品では見れないAV女優の女性としてのキャラクターが垣間見えるのが面白い。

何人かの人が声を上げているが、企画は大々的なのに、ちょっと詰め込みすぎた感もあり。

主要女優はなんだかんだで後半まで残っているので、どうせなら前編・後編で出してもよかった。

また、AVっぽくするためのチャプター「男優とのセックスをみせつけろ」もいらない。

パコラーとのセックスはレッドカードなのだから、企画意図からすると男優のちんこにひかれてSEXしてしまったらレッドカードで脱落。

AV女優としての欲、葛藤と戦い、いかにフェラなどで一線を踏みとどまりながら、パコラーをその環境でも誘惑するかというルールに定めるべき。

最後もパコラー側の感想だってほしかった。

8月に完全版も発売とのことだが、それなら2月は前半完全版、8月は後編完全版というスケジュールでもよかったのでは。

なんていろいろなことを考えてしまう問題作。

でも面白い!

AVの可能性は無限大なのか?

もうこれはAVではなく、バラエティー番組として楽しむ作品です中にはズル賢く動く人もいたり、純粋な気持ちで挑む人もいたり様々ですねでも普段は知れない女優さんの闇な部分も知れたり…笑個人的には生田さんの好感度が爆上がりです。

なんか大作。

抜きにしてみると面白いと思います。

演技なんだろうけどリアル感あっていいね。

これ見て、同じ女優さんの作品みるのもいいかも。

抜ける度は低めだけど、バラエティとしては秀逸

ベロキス仕掛けたり、ちんちん揉んだり、普通の恋愛バラエティには無い”AVならでは”な要素がしっかりあり、そうしておちゃらけながらも本気で泣いたり怒ったりのガチな戦いが繰り広げられて見ごたえありました。

パコラーは羨ましいですけど、恨まれる役回りでもあるので大変ですね。

今回の彼は誠実、かつ、欲望に素直なAVノリもしっかり出来ていて隠れMVPでした。

ちょっと開始人数が多すぎた感じがあったので、事前にパコラーによる書類選考で15~20人に絞っておいた方が良かったかも。

本作でのシコリティは高くないですが、たくさんの女優さんの意外な(あるいは想像通りの)素顔を知ることができ、それぞれの出演作をより深く味わえるようになったので☆5つ。

あいのりみたいな雰囲気

あいのりみたいな雰囲気でAVじゃないように見える  せっかく女優そろってるのにもったいない

何がしたい?

最近、こんな感じの企画が某配信サイトにあるけど、それのパロディ?になるのでしょうか?正直、1980円を無駄にした。

AVOPEN2018のエントリー作品らしいですが、正直、自分はこの作品がランクインするとは思えない。

折角この人数なんだ…

企画が企画である以上ストーリー重視なるのは仕方ないと思うが、37人もいるのを押し出されてタグにハーレムとあると、ハーレム好きからしたら37対1を見たくなってしまう。

自分もハーレム好きだったので購入してみたが好みのシーンがどうにも無かった。

「抜き」抜きにして見てみれば

AVデビュー作などでよくあるインタビューは何のために存在するのか?女優の人間性なり日常なりを知ったうえで味わった方が裸もセックスもより興奮するからだろう。

有名人AVが人気になるのも「裸ではない部分」を知っているからだ。

もしも辛抱強く1年くらい脱ぎのないドラマを見て、そのあとに登場人物のセックスを見ればきっと強烈な思い入れとともに興奮できるに違いない。

だが、AVは「いまここで抜きたい」ときに見られるものであり、そんな仕掛けを待ってもらえないのが現実だ。

この作品に低評価がつくのもある意味当然だろう。

この作品はそうした風潮を承知で「もっとじっくり女優を見ようよ」といういわば「スローAV」を提案している。

37人のAV女優が1人の男に求愛する「恋愛観察バラエティ」はハズレのない優秀なフォーマットである。

ふだん女性に相手にされない私のような禿デブおやじも「これされたら惚れてしまうな」「こういうこと言う女はきらい」と評論家になって楽しめた。

玉石混交の37人だが、いったんチンコから手を放してみれば、いち女性として別の魅力が見えてきた。

AV女優としての格が違っても服を着てしまえば対等に戦えるところが面白い。

この作品をバラエティとして成功させている一つの要因がパコラー(求愛される男性)が優秀であったこと。

如才なく女性と会話し、出過ぎることなく、女優たちのモチベーションを煽り、女性への評価を優れた観察力と表現力で言葉として伝えることが出来ていた。

もしもプロフィール通り一般人だとしたら相当な恋愛強者だろう。

妬ましくも感心してしまった。

フォーマットとして鉄板の恋愛観察バラエティだが、作り自体は粗さも目立った。

終盤は駆け足になってしまうし、前半のドッジボールは10秒程度しか映らなかった。

女子力を見るなら料理をさせて欲しかったし、人間性を見るならもっと共同の作業をさせて欲しかった。

そうした部分が見られるはずのBBQでは肝心のパコラーは別行動になってしまうし、イベントの仕掛けにはもう少し工夫できたように思う。

こんな理不尽なコンペに一生懸命になれる女優たちの流す涙は男からしたら少し不思議にも思えるが、「AVは人権侵害」という逆風が吹き荒れるいま、女優の内面にフォーカスする作品が「AVOPEN」に出品されることには意味がある。

途中でパンツをあげてバラエティとして見たので星4つの評価とした。

ガチバトル??

お金目当てで応募した人や仕事に対する考え等参加理由は違いますが、ふるいにかけられ落とされていく女優さん達が目に涙を浮かべ、本当に悔しがっていたのが印象的。

4時間もの超大作なのに、カラミが少なく乱交と最後の1人が決まった後だけ。

元ネタの『bachelor』は興味がなかったけど、これを見て元ネタも見たくなった。

それくらい面白かった??

傑作という言葉がふさわしい作品

抜きたいという点からすると評価できない作品ではあるかもしれない。

賛否別れるのも十分理解できる。

しかしこの作品は紛れもなく傑作だったと言わざるおえない。

女優の普段見ることのできない姿をこの1本で感じることができる。

感情移入してしまい途中涙してしまった。

こんなAV今までになくAVを見てるはずなのに泣いてしまった自分に驚きを隠せなかった。

色々なレビューでもある通り時間がもう少しあって選考イベントに関してはもう少し考えて欲しい部分はあったがそれは女優たち自身も強く思っていたに違いない。

そんな中ではあったが、自分だったらどうするか。

とか考えながら見ていたがもし自分がパコラーだったらここまで女優たちの本心や涙するまでの悔しい気持ちを引き出させることができただろうか。

と問うと今回の作品の成功は紛れもなくパコラーの対応力・女優への接し方・ルックスも含めてこのパコラーだったから成立したのではないかと思う。

女優達が一人の男を求めて感情むき出しにして戦う姿をAVファンなら是非見て欲しい1本である。

狂気と策略と女子力の群像劇

ゲーム開始と同時に他の36人のライバルを出し抜いて、ファーストローズを手に入れた女優は(容姿は37人中私が)一番でしょ、と、勝ち誇る。

回りから本命視される女優は、左目に自信を、右目に狂気をたたえながらウィンクをする。

閉じるのはいつも左のまぶたであった。

彼女はその狂気も、殺気も隠そうとせず、むしろそれをもって場を支配していく。

もう一人の本命視されているのは、参加者中最大の数字持ちの女優だ。

圧をかけるでも、技を繰り出すでもなく勝ちあがっていくのは、画面越し以上の魅力や、オーラが現場では炸裂しているのであろう。

一方、小柄で西の方言を効果的に使いこなし、トロイしゃべりと引きの技、鋭い洞察力で、蜘蛛が糸を張り巡らせるように戦いを進める、女も本当に強い。

100万円いらないから、単体作品を一本撮ってほしい、と、意気込む女優。

端役しかもらえないと、窮状を泣きながら訴え、同情を引き出そうとする者。

トロフィーワイフならぬ、トロフィー素人(パコラー)を争奪するバトルロイヤルです。

裸は少な目ですが、剥き出しの女性を見てみたい方にはいいかも。

どうにも取っ散らかっている状況と人数を、編集や演出で作品として成立させています。

次回作への期待と、切られていった36人の女優への敬意、勝者への祝福を込めて、評価は甘めにしておきます。

おもしろいけど。

AVとして見るといまいちだと思います。

ドキュメンタリーとして見るとちょうど良い作品です。

女優さんのインタビューやコメントは中々リアルのものが多くて面白かったですね。

今までたくさんのAVを見たけど、1番といっても過言ではない作品。

ここまで、映像作品として惹き込まれたAVは初めて。

女優さんが脱ぐのは少なめではあるが、主人公と同じ目線で、自分ならこの女優を選ぶなとなりきってしまうし、普段では絶対に見れない飾らない女優さんを知ることができ、AV見てここまで熱くなれるとは、と感激した。

残念なのは、もう少しシチュエーションデートがたくさんあったり、裸シーンとかを増やしても良いかなぁと思ったり…第2弾ぜひ楽しみにしてます!個人的には今回の作品で、向井藍さんと花咲いあんさん推しになりました。

初めてレビューしたいと思える作品に出会えました ※ネタバレあり

めちゃくちゃ面白かったです。

ほぼ飛ばしなしで見ました。

自分史上初めての体験です。

女優さん達の素の表情や心の葛藤が見れてとても新鮮でした。

パコラーとして選ばれた男性も、好感の持てる男性で不快感なく見ることができました。

パコラーと女優さんが二人で話してる時などの、他の女優さん達の目つきが怖いwただ、ドキュメンタリー色が強いので抜き目的の方には合わないかもしれませんね。

個人的には花咲いあんさんとのお風呂デートがエロくてドキドキしました。

不満点もあります。

まず、女優さんが多すぎ&日程短すぎ。

37人の中から一人を選ぶのに、二日間ではいくらなんでも短すぎます。

最初のローズセレモニーで11人落とされますが、判断材料が1分間の対話とマ○コを見せるグループイベントのみ。

これでは女優さんがかわいそうです。

続く二回目のローズセレモニーでまた11人落とされますが、ドッヂボールで判断するのはいささか無理があると思います。

元ネタのほうは女性20名くらいの中から2ヵ月間に渡って決めていくみたいですが、さすがにそこまでとは言わずとも、女優さんを減らし、日程を長くして一人一人にスポットライトを当てて掘り下げて欲しかったです。

もうひとつは、男優さんとのグループセックスです。

パコラーが可哀そうで見ていられず、唯一ここだけ飛ばしました。

この企画に男優さんはいらないと思います。

AVを見ているのに乱交シーンを飛ばすという、普段では考えられないどこか矛盾した行動に自分でも驚きです。

ドッヂボールもそうですが、選考イベントをもう少し練って欲しかったです。

他の方も書いてましたが、全体的に駆け足で、特にクライマックスの2人→1人の流れはイベントもなしで拍子抜けしました。

二日間はやはり無理がありすぎで、逆に言えば、もう少し日程が長ければもっといい作品になると確信してます。

今回の作品を通して、今まであまり知らなかった女優さんの一面を見ることで興味が湧き、他の作品も見てみたいと強く思いました。

特に紺野ひかるさんは見た目とギャップのある可愛らしい言動にやられてしまいました。

素晴らしい企画をしていただいた監督さん達には敬意を、パコラーには賞賛を、女優さん達にはエールをお送りします。

「エピソード2…パート2お願いします!」「好評だったら」「好評でしょ」

意味がわからない

企画もゲスいしヤラセ感半端ないし女優も沢山出せばいいって問題じゃない。

ドラマAVやシチュエーションAVを好む人は楽しめると思います。

まず始めに好きな女優さんが出演しているから。

という理由で購入するとがっかりするかもしれません。

一人ひとりに等しく時間やコミニュケーションが与えられているわけではなく、演出の問題でキャスティングされたのでは?という女優さんもいます。

個人的には児玉るみさんやNOAさんのファンです。

メインの男性の方との直接的なカラミは薄く、本当に最後までキス程度しかありません。

それぞれに抱えている部分だったり素の性格やキャラクターなどドキュメンタリー感の強い作品だと思います。

制欲処理のための作品ではないのは間違い無いと思います。

他のレビューにあるように。

ただ、少なからずAVを購入し、コントのようなものからドラマまであらゆるジャンルに接してきた自分はこの作品から胸に響く《何か》を受け取りました。

互いに戦友であり、一つの業界の敵同士この作品にかける思いなど…AVとAV女優そして1人ひとりの女性の心情を感じ取ることができれば傑作だと思います。

個人的には星あんずさんの言葉に胸を打たれました。

麻里梨夏さんのささやきの作品で見かけた方も多いと思います。

この作品を通して応援出来る方がみつかるかもしれません。

私は楽しかったです。

それなり・・・??

こんな企画にAV女優37人がこんなに入れ込むとは…??男が羨ましいが女優達が可哀そうだった。

バラエティ番組のドキュメンタリーとして面白い

この作品の良い点は、パコラーが社会人としてそれなりに礼儀正しく女性たちにも誠意を持って対応していること。

それによって自分がもしこの男性だったらどういった選択をするか、こんな対応をされたらどう考えるかなどと、男性になり切って作品に没頭することができました。

対する女優陣は多くの作品に自分の名前で出ている人から、ほとんどエキストラとしてしか出ていないような人まで様々。

性格も人を押しのけてでも自分のチャームポイントを積極的にアピールできる人もいれば、ほとんど自分では動けずにいる人も。

そして37人という人数から選ぶにはあまりに短い時間。

自分を語れず選から漏れてしまう人もいます。

周りは度々同じ現場で撮影したこともある仲間。

表に立ちたくても中々立てないことはよく知っています。

そんな仲間を振り落として自分が前に出ないと勝ち残れないという葛藤との戦いでもあります。

一方で、この作品に出て勝ち残ると決めた意地やプライドもあります。

安々とは引き下がれない。

そのさじ加減が女優の個性として現れてくる場面もあります。

AV作品として見ると物足りなさを感じるかもしれませんが、某バラエティ番組のようなドキュメンタリー作品として見ると、見ごたえがある、むしろまだ見足りないくらいです。

それは完全版に期待することにします。

まるで アフリカだ

アフリカにリードダンスと言う王様に気に入られる為の卑猥なダンスがあるのだが今回はのまんこを見せ合うシーンはまさにそれを連想させるものだったちなみに全部見通してからまんこを見せ合うシーンに戻ってそこで抜いたこの作品はエロと言うより女の戦いが占める部分が大きすぎてAV初心者にはオススメできないですね

エロ要素ありのドキュメンタリー作品

話題の配信作品のオマージュ作品であり、AVOPEN2018企画部門・ファン投票作品賞2位受賞作品。

※撮影から約一年後に「完全版」として出演者の鑑賞シーン等が入った作品もあるが、そちらのサンプル動画では優勝者がわかるためネタバレを嫌う方は要注意。

素人男性・パコラーが37人のAV女優の中から、中出ししたい1人を二日間で選ぶというルールのもと進められていく。

女優側はセックス以外の方法でたった1人の男性にアプローチし、途中に行われるセレモニーで薔薇を受け取ることができるかどうかで脱落者が決まる。

自己紹介でマ●コを見せたり、男優とのセックスを見せつけたりとAVですよ、と念のためアピールする程度のエロシーンはあるがヌきどころとしてはイマイチに感じた。

一方でツーショットタイムでの花咲いあんとの温泉デートは花咲いあんの積極性とエロさが存分に出ていて、セックスができないという制限も手伝って個人的には勝者とパコラーとのセックス以上に興奮した。

本中プロデューサーよりSNS上で「本気で賞金100万円欲しい」企画単体女優として出演者を募集した当作品だが、「この作品を通じて自分自身をアピールしたい」という気持ちを伝えた女優も多かった。

きれいごとかもしれないが、発言者を考えれば売れっ子と呼ぶにはまだ早い知名度の女優たちもいることから、一部は本音でもあるのだろうと思わせられた点においてこの作品は評価できる。

また、作中でも触れられているが、「バランスで選んでいる」とも思えるようなパコラーの人選も女優陣の個性を引き出していたように思う。

他の人も言うように抜くためには向かないために「AV」としての評価は低いかもしれないが、作品としては高く評価したい。

初めて飛ばさずに最初から最後まで全部見ました

めちゃくちゃ面白かったですが、二点だけ不満があります1.3位から2位、2位から1位の流れがあっさりしすぎててせっかく三時間以上もかけてきたのに、拍子抜けしました。

3位から2位のプレゼントにしても、プレゼントを選ぶシーンが全くなく、唐突に決まった感じが否めません。

マトリョーシカ風のお笑いチケットという、これだけで決めたようにしか見えないので順位付けの動機をもっと掘り下げてほしかった。

2.明らかにレベルが低い女優が1/3近く出ていること。

出演料などの理由で有名女優を沢山キャスティングできないのならば、もっと女優の数を絞って、一つ一つの選考にもっと時間をかけた方がよいのでは?AV女優ドキュメンタリーとして見るなら、面白い作品です。

生田みくの「邪魔しないで!」は必見。

続編が出たら即買います。

女優のノリが怖い

男優が可哀そうにみえるくらい、女優達が積極的にせまる。

女優の人達も酔っているせいか、言動が強い。

男優が「俺、(酔ってる女優達から)でぃすられてるの?」って発言した時、可哀そうに感じた。

生田みくが、ただ1人だけ男優のことを可哀そうと思い怒鳴り声をあげるが共感できる。

生田みくのエロシーンはほぼないが生田みくのファンは買って損はない。

この作品で生田みくを知って好きになった。

本編はこちらから