【長瀬麻美】なかなかの良作でした – 官能小説 息子の恋人(おんな) 長瀬麻美

本編はこちらから

官能小説 息子の恋人(おんな) 長瀬麻美

女優名: 長瀬麻美

星3

アングルや照明具合など良かった。

女優さんの胸が垂れ過ぎなのが残念!

なかなかの良作でした

個人的にこの女優の顔は全く好みではないのだが、華奢なBODYに垂れた乳房、下品な超特大乳輪が最高であり、加えて騎乗位でのしなやかかつ大胆な腰使いにバキュームを効かせたフェラチオなどのプレイがいやらしくお気に入りの女優の一人である。

なので自分にとっては基本的には彼女の作品に外れがあまり感じない。

そんな理由もあり、本タイトルは作品テーマ等を考慮せず迷わず購入した。

タイトルにある官能小説とは視聴してみて気付いたが、女優の官能小説的なナレーションが所々に入るというもの。

実はこれが案外良かった。

行為中のムードを壊すこと無い程度のナレーションの加え方であるが、個人的にはもっとその描写が沢山入っていても良いように思う。

☆4つ止りの理由としては前記のナレーションの件と、ラストに義父とその孫との3Pに突入するのだが、それがフィニィッシュを迎えずにフェイドアウトして終了してしまうのと、NTR系の作品であれば夫目線の嫉妬の感情をナレーションした方が個人的には自分の経験と照らし合わせて感情移入でき、より興奮できただろうと思ったから。

そうであったならかなりのお気に入りの作品になっていた可能性があった。

それにしても、義父とその孫がニヤニヤして3Pを求めてくるなんて、現実であれば本当に狂った一族である。

本編はこちらから