【葵ちひろ】おすすめ – 女子校生監禁凌● 鬼畜輪● 完全保存版008

本編はこちらから

女子校生監禁凌● 鬼畜輪● 完全保存版008

女優名: 葵ちひろ

可愛い女優が多い。画質も良く、秀作ぞろい。

本シリーズは、各編多少の味付けの違いはあるものの、「女子校生」が悪い奴らの毒牙にかかって、その若い肉体を弄ばれるというテーマは変わっていない。

本作は、2010年から2011年にかけて発売されたNo.90からNo.101までの12作品をノーカットで収録した総集編である。

収録作品は、総じて良作である。

具体的な特長を挙げれば、次のとおりである。

1)可愛い女優が多い。

(完全保存版001と比較すると、隔世の感がある)2)古い作品だが、画質が比較的良い。

(ハイビジョンと書いてあり、画面サイズも現在と変わりない)3)本作及び元作品の制作時期が「モザ氷河期」(筆者が勝手につけた名称で、モザイクが濃い時期を指す。

現在はその真っただ中)突入前であり、モザイクが比較的薄い作品が多い。

4)カメラワークも、概ね良好。

中でも良い作品は、No.92(綾瀬ティアラ)、93(ももかりん)、94(杏樹沙奈)96(舞野まや)、99(藤北彩香)、101(大沢美加)あたりだと思う。

その中でも一番は、96(舞野まや)で、美しい女体が悪いオッサンどもにネチッこく蹂躙される様が絶品である。

沢山ある凌●もの作品の中でも出色の出来栄えだと思う。

ちなみに、発売当時のユーザー評価は11人の平均で4.09である。

逆に、No.100(今井ひろの)は、主演女優がとても可愛く、期待したが、裸体の露出も責めも弱く、150分という長さにもかかわらず、本シリーズの路線とは異質の残念な作品である。

「完全保存版」は、今のところ本作が一番最後であり、凌●モノが好きな人には価値が高い作品だと思う。

なお、本シリーズの総集編には数種類あって分かりにくいので、整理して「完全保存版001」のユーザーレビューで説明しておいた。

本シリーズに関心のある人は、参考にしていただきたい。

おすすめ

女優レベルの高いのシリーズのノーカット総集編。

買うならこのシリーズが良いと思う
本編はこちらから