【女池さゆり】最後の絡みは – 悩殺BODY×ギリモザ バコバコ乱交 女池さゆり

本編はこちらから

悩殺BODY×ギリモザ バコバコ乱交 女池さゆり

女優名: 女池さゆり

もう少し

ルックスに関しては人それぞれ意見が割れる所ですが、とてもエロいですよ。

ただ少々わざとらしい感じがします。

隠語の言い方、そぶりに演技っぽさがあり、もう少し自然にできる様になれば感情移入しやすいです。

彼女のムッチリボディーが懐かしいです!

女池さゆり嬢のエスワン時代の作品を久し振りに見ました。

まだこの頃はデビューして数作品しかリリースしていないと思うのですが、デビュー当時から初々しさは無く、結構激しいプレイが多かった印象があります。

ムッチリした体付きとぼうぼうのマ○毛が魅力的で、当時は好きな女優さんのひとりでしたが、こんなにムッチリした顔とカラダだったっけ?と今更ながら気付きました。

内容もハードSEXが多く、素で感じてるのか演技なのか分からない程、いいアエギ声を出します。

全て複数プレイで1対1が無く、ところどころで彼女が隠語を漏らしたり、ザー○ンを顔にこびり付けてのプレイは、非常に興奮します。

ただし、小声とはいえ男優がいちいち不要と思える指示を出したり、彼女や男優同士の連携が悪く感じたりして、見ていて興醒めした。

でも彼女の痴態は素晴らしく、抜きどころはあるので、それなりに楽しめました。

素材極上だがマンネリ

一作目、本気9割演技1割。

二作目、本気8割演技2割。

三作目、本気7割演技3割。

そして、今回は、本気2割、演技8割でした。

楽しめません。

素材が極上でも味付けが同じではマンネリ。

男優と裸でプロレスしているみたい。

別レーベルで着エロとかに期待。

ダイナマイトボディー

次々と新人AV女優がデビューするので,女池さゆりも影が薄くなったか?B98,H90のダイナマイトボディーを武器にフェラにファックと大乱交。

でも,見た目,巨乳ですが,これで98センチもあるとは,ぶ厚い胸板なのかな?顔射されたまま,なおも上下の穴をチ○コで突かれ,エロさも抜群。

今やAV女優戦国時代。

需要が無くなるようなAV女優にはならないでね。

最後の絡みは

高給で雇われた従軍○○婦や人気風俗嬢の一日などを想像させられた。

ランナーズハイになっていくところが見物。

本編はこちらから