【川上ゆう(森野雫)】レズシーンでの篠宮千明の品のある感応が良い – お女将さん 川上ゆう

本編はこちらから

お女将さん 川上ゆう

女優名: 川上ゆう(森野雫)

物足りなさが残る。

入浴シーン、ピンクローターでオナニー。

篠宮千秋と入浴、レズ。

ローターと電マ。

男の客と本番、一回だけ。

確かにほのぼのとしたビデオに仕上がっている。

淫乱な女将さんとか、激しいプレイを期待したらダメ。

ほのぼのとした余韻の残る佳作

温泉旅館の女将「川上ゆう」。

番頭「大川恭輔」に断って浴場へ。

帯と伊達締めと腰紐を解いて着物を脱ぐ。

伊達締めと腰紐を解いて長襦袢も脱ぐ。

掛け湯して露天風呂に浸かる。

洗い場で腕や脚を手洗いし、手桶で湯を掛けて石鹸を洗い流す。

湯船で寛ぐ。

自室で胸を揉んで股間をさする。

パジャマの上着の前を開いてブラをしだく。

ブラをはだけて乳首をつまむ。

パジャマを脱いで股間を弄る。

ショーツに手を挿れる。

下着を取ってマンズリ。

ローターを乳首や陰核に当てる。

橋から身を投げようとする客「田中浩二」を止める。

中国で日本舞踊を広めたいのだが、師範が見つからない、中国人マフィアから借金しているので、このままでは殺されると、打ち明けられる。

自分もやくざに借金を返済できずに輪●されたが、命までは取られなかったと励ます。

美人客「篠宮千明」が大川や仲居「後醍醐美香」に暗い表情で、山小屋までどれくらいかかるかと訊く。

大川はゆうに、田中や千明に自殺でもされたら困ると相談。

千明を客室に案内した美香が戻って、千明は5年前山小屋で遭難した女子高生の母親だと報告。

浴場でゆうは千明の背中や腕や太腿や乳や尻や陰部を手洗い。

背中や乳をボディ洗いして、舌を絡める。

手桶で湯を掛けて石鹸を洗い流し、湯船に浸かる。

客室でべろキス。

浴衣の衿をはだけてブラをしだく。

ブラを外して乳首をつまみ、肩や腋の下や乳首を舐める。

着物を脱いで長襦袢の衿をはだけ、乳首を吸われる。

乳首と乳首を擦り合わせて、股間をさすられる。

ショーツを下ろして太腿や陰核を舐める。

自らのショーツを下ろして手マンされ、相舐め。

ローターで乳首や腋の下や陰核を攻められる。

電マで乳首や陰核を痺れさせて、貝合わせ。

日本舞踊の師範だったと打ち明けられる。

千明を田中を引き合わせる。

田中の学校で教えてほしいと勧めて、考えてみると返事される。

客室で田中に、千明に一目惚れしたが、女性経験がないと相談される。

こうすればいいのと、舌を絡める。

浴衣の衿をはだけて乳頭をねぶる。

浴衣を脱がして股間をさすり、胸を揉まれる。

着物を脱がされて長襦袢をはだけられ、乳をしだかれて乳首を吸われ、尻を揉まれる。

股間を弄られて臀裂に顔を埋められる。

ショーツを下ろされて舐陰。

ブリーフを下ろして吸茎。

長襦袢を脱いで手コキ。

騎乗位で筆下ろしし、前座位、後背位、正常位で胸射、べろキス。

田中と千明を見送る。

レズシーンでの篠宮千明の品のある感応が良い

このシリーズはベテラン女優が演じる女将さんのオ〇ニーや男性客とのカラミに加え、女性客とのレズもありお得感がある。

今回の女性客篠宮千明はこれまでの人生に絶望し、それを女将さんに優しく心とカラダで慰めてもらう。

美白美肌同士の川上ゆうとのレズシーンはドロドロし過ぎず、自然で品良く絡んでいてとても良い。

川上は上手すぎるほど上手く、思わず「あなたの~リードで、マ〇コも、濡れる~」と芸者ワルツのメロディが浮かんでくる。

本編はこちらから