【藤井有彩】藤井有彩を突きあげまくり – 48時間耐久連続巨根アクメ 藤井有彩

本編はこちらから

48時間耐久連続巨根アクメ 藤井有彩

女優名: 藤井有彩

過剰演出

このシリーズは、いくつか見ているが、あやみ旬果、谷田部和沙のあたりの作品は、冒頭のドッキリも自然で、その後は、シンプルに巨根とのカラミ、乱交という展開で、女優的には「ビックリしたけど気持ちよかったです」という内容で、実用性が高かったが、本作は、過剰演出がノイズになって使えない。

女優が悪態ついたり、シャワー室で泣いたり、そういうシーンは全く不要だと思う。

或いは、敢えてそういう方向で押したいのであれば、カテゴリーとしては「過保護終了」ではなく、レ●プとかそういう方向性をはっきり明記して欲しい。

あと、最後の乱交も、わざわざ暗い照明で、部屋の中を移動しながらとか、止めて欲しい。

藤井有彩に関しては、イイ女優だと思う。

ならばこそ、本作も普通の演出で、ハードなカラミを見せて欲しかった。

ただし、設定としては、機材トラブルでカメラが止まり、撮影中断中も、女優が男優たちの慰みものとして、犯られているシチュエーションには興奮した。

イジメをテーマとした内容ではなく、この設定でのドッキリ物があれば、ぜひ見たいと思った。

ちょっと

せっかく可愛いし良い身体なのに、素で話してる時の雰囲気があまり好きにはなれませんでした

女優も企画も最高レベル、「撮影シーン入り」が素晴らしくエロい!

藤井有彩はスタイルが完璧すぎて返って敬遠していたが、やはりエロさ満点。

今後は即書い対象にしたい。

このシリーズお約束の超粗チン男優(か細い声で時代おくれの淫語を言う)の挿入で微妙に喘ぐ有彩シーンと森林(巨根か?)とのギャップはいつもながら笑えるし抜ける。

この粗チン男優をメインで起用したガチ作品が登場すれば、4、5時間の耐久で遂に粗チンがプロ女優をイカセましたという設定で興奮するのではないでしょうか。

小生なら間違いなく「買い」です。

途中、沢木の寝起き襲い即ハメから猛烈背面騎乗位女優固定ピストン(瞬間距離の遠い固定カメラシーンは減点対象)も抜ける。

さすが沢木氏。

騎乗位女優固定突きあげまくり激ピストンを極めて欲しい!一番抜けたのは3Pスタートと思いきや撮影機材が壊れた「という設定」で黒沢が女優向け立ち待ちで有彩を気遣いながら、撮影シーンの臨場感溢れる中でSEXして、カット中の設定にもかかわらず有彩が喘ぐシーンが最大の抜きどころ。

長めの「撮影シーン」が長めなのでここで思いっきり抜けてとても良かった。

プレステージさんお得意の撮影シーン入りはとても興奮するので、このシリーズではレギュラー化して欲しいし、色々な企画に応用して頂きたい。

ラストの同じ男優で有彩を突き続ける男優耐久ファックも有彩が台本外ながらヨガりまくっていて興奮した!

不機嫌でもイキまくる

【パッケージ撮影やスタッフとの打ち合わせの様子など】2分【SEX】最初は下着姿。

大御所と嘘をつき、相手役は汁男優。

ハメて、すぐに巨根男優と交代。

32分【目覚めのSEX】寝ている藤井有彩の下にこっそりと巨根男優が近づき、襲う。

21分【カメラ目線でローション3P】全裸。

常にカメラ目線。

顔射2発。

30分【即ハメ連続SEX】壁を破って男優が登場し、即ハメ。

発射後、次々に別の男優が現れ、即ハメ。

顔射5発くらい。

29分女優を怒らせる謎演出、そして不機嫌になるという演技。

演技なのは分かっていても不機嫌になるのはどうかとも思いましたが、エッチ前とエッチの最中の様子の反動を楽しむ作品なのでしょうか。

ただ、女優さんは巨乳で、いいおっぱいしていました。

また、エッチ前の不機嫌な様子を忘れさせるくらい、体をのけ反らせてイキまくっています。

もっとも、目覚めのSEXは固定カメラを使っているのか、見づらかったです。

演出が…

演出でかなり損してると思う。

女優さんはいいがなんかわざとらしい。

他に言うことは何もないです。

デカチンで徹底的にヤル!

多分演技だとは思うが、悪態つく女に極太肉棒を容赦なくぶち込むのは見ていて最高に興奮した!ただ、やっぱり可愛い女優さんなのでデカチンを楽しんで絡む姿も見たかった!デカチン大乱交があれば良かったなぁ。

うーん

反応がやや大げさな気がします。

でも女優さんはスタイルもいいし、綺麗なので見ても損はないです。

楽しめましたが・・・・・・・

藤井有彩さん相変わらずいい女優さんですね。

①ベテラン男優と粗チン大夫のくだりが挿入されてリアクションに困る彼女。

途中で巨根男優が替わって挿入した瞬間、身体を仰け反らしながら快楽を堪能する。

②寝起き風の即ハメ③3P④輪●風のカラミとなっています。

色々工夫もしておりよくやっているなとはおもうのですが、何事もスギルトいかがなものかなという点も少しみられます。

素材を壊さないように配慮も感じられます。

作品つくりは見る側以上に大変なんですよね。

くそつまらん

金がもったいない始めから最後までつまらないシーンばっかだった

エロい。

参りました。

今まで完全にスルーしてました。

一瞬でファンになりましたね。

エロい、エロ過ぎる。

奥まで突き刺したときの仰け反る感じが最高。

ただ、これはドキュメントなのか演技なのか、女優さんかなりお怒りモードでしたけど、これが引き金で短命にならないことを願います。

なんせ今から遡って全ての作品を楽しむもんで(笑)。

今後のリリースにも期待します。

最初のシーンが笑えて抜ける

冒頭の途中森林原人と入れ替わる、超極太なのに超短小な胸毛もじゃもじゃ男優がとても良い味出してます!発射出来なくて可哀想(笑)ですが、笑えて抜ける、この男優さん最高です!! 何という名前の方でしょうか!?

女優の心証を悪くする演出はいかがなものか

最初の絡みは、定番の目隠し、男優入れ替え演出で、森原氏はいい仕事をしている。

女優も戸惑いながらも感じているのは、いいのだが、また少し樽腹になるつつあるのが心配。

が問題はここからだ。

本来ならこの作品に出てきた女優さんらは、ドッキリやられたな くらいで終わるのだが、藤井嬢は、監督がなだめすかしているのに悪態をつく体たらく。

元々素は冷めた感じがする彼女だが 今回はこの作品に出て先輩である専属女優らに 喧嘩を売るような暴言もはいている。

これは演出ではあろうが女優の商品価値を落としてしまうのでは。

残り、3回絡みはあるのだが、普通まともな部屋で泊まりでドッキリが、独房のような部屋。

そこに、ビックマグナム沢井氏が隠し撮り風の絡み本当に女優が心底嫌がっているなら 泣き喚くはずだが、イキまくりの和姦となっているので、この演出も違和感最もひどいのが、三回目の絡みで、クロサワ氏+名前が不明男優なのだが、途中で照明が不具合になり、一時中断。

それでも男優ら立ち待ちになるから、絡みを続ける。

藤井嬢も抵抗しない。

ロングで撮っているから、スタッフが前を横切ったりようやくまともな絡みになるが、別にユーザーは裏をみたいわけでないので演出の一人よがりか。

場合によっては、女優が現場で玩具にされているということを訴えたいのか。

なにもぜずに、立っている男優らにいらつくユーザーもいるわけだから、この演出は意図が読めない最後は、お約束の乱交。

今回は複数ではなく、男優一人が終了後、次という流れ画面は一部証明を当てるだけなので暗い。

総評として、なぜにこのような女優の心証を悪くする演出をするのか謎本人が辞めるための理由づけか、移籍のための布石?7月以降発売情報がないので引退もしくは卒業。

逸材なのに…それも、監督が現場ではこんなこともあるから、覚悟してこの業界に来るようにとの警告作品か。

業界にそんな人物はいないと思うが。

来月発売の北野のぞみも同じ監督なので非常に不安だ。

「撮影シーン入り」がエロいですね デカマラもたくさん出てます

他のレビューの方もおっしゃってますが、3チャプ目の「撮影シーン入り」が抜きのポイントです、エロいです。

説明すると、照明機材が壊れて撮影が中断されますが、女優のテンションを下げないために絡みを続行します。

この絡みを隠し撮り風に撮影しているですが、この絡みがリアリティのある絡みにみえて非常に良いです。

藤井有彩も真性のデカチン好きでフェラもエロい(ジュボジュボ卑猥な音を上手にたてます)。

抜けます。

とてもいいです。

私の個人的な意見になりますが、今まで見てきたAVの中で、一番良かった作品だと思いました。

目隠しされたままの状態で、巨チンに入れ替わった時の喘ぎ声も、かなり良くて見てる方も興奮してしまいました。

ファンとしてAV女優「藤井有彩」の事実上の最期を看取る

プレステージのハードコア企画「48時間耐久連続巨根アクメ」シリーズのGカップ女優「藤井有彩編」。

「過保護終了」という不穏なキャッチフレーズが示すように、人気の専属女優を心身共に極限まで追い詰める「悪名高い」看板シリーズである。

まずは、汁男優上がりの「粗チン男優」を使った恒例のドッキリ企画。

とある撮影現場、スタッフから「ベテランの大御所」として紹介されたブヨブヨな体型の中年男。

その正体は、チ○ポが「手の小指」くらいのサイズしかない驚異の超短小オジサンである。

パンツをずり下ろした瞬間、思わずゲラゲラと笑い転げる有彩嬢。

途中で目隠しをされた彼女は、「早くそのちっちゃいの入れろよ」と言わんばかりの表情で股を広げるが、ここで業界屈指のデカチンとして知られる有名男優「森林原人」と粗チン男優を「すり替える」ドッキリを敢行する。

笑い話で終わるかと思いきや、怒りが収まらない彼女は、メイクルームでスタッフと口論。

険悪なムードのまま、次の現場(檻に囲まれた地下牢のセット)へ連れて行かれる。

ふて寝する彼女の下に送り込まれた次なる刺客は、業界ナンバーワンの巨根男優「沢井亮」。

悪態をつきまくって天狗になった看板女優の鼻を無断挿入のゲリラFUCKでへし折っていく鬼畜なスタッフ。

これで完全に「ブチギレた」有彩嬢は、ローション3Pの撮影冒頭でギロッとカメラを睨みつける。

それでも、なんとか女優としての仕事をまっとうしようとするが、ここでまさかの照明機材トラブル。

撮影自体は中断されるが、「テンションを維持するため」と称してテープが回っていない間も彼女をハメ続ける男優氏。

まるで都合のいい肉便器。

スタジオの一角にあるシャワーで号泣するかつての看板女優。

抵抗する気力も失せて人形のように無表情になった彼女にとどめを刺すのは、外側から鍵をかけた廃屋のようなスタジオで、前戯ナシの即ハメ。

モノが散乱する粗末なフロアで、これといった照明もなく、ひたすら延々と見知らぬ男優に犯●れ続ける。

有彩嬢の美しい顔にありったけの汚いザーメンをぶちまけた襲撃者は、「もうお前は用済みだ」と無人となったスタジオに全裸の彼女を置き去りにする。

デビュー以来、有彩嬢をずっと応援して来たファンとしては「ショック」以外の何物でもないエンディングであるが、それゆえに、それだからこそ、救いのないバッドエンディングに背徳的な興奮を覚えたのもまた事実。

AV女優は,デカチンと絡んで鍛えられていく

AV女優は,デカチンと絡んで鍛えられていく。

今作は,藤井有彩を巨根と絡ませる10本番,ヤリまクリの48時間を仕掛けます。

まずまずの可愛いお顔,巨乳のボディー。

当然,デカチンの感触に無類の快感を覚え,イキ狂い。

それでも最後までエロパワーが衰えないイキっぷりは,お見事です。

AV女優飽和状態の中,今やヤリマンにならなきゃAV女優として生き残れない?お口とオ○ンコにデカチンを挿入し,穴内を刺激され続け,結果,プロ仕様のド強い穴に鍛え上げられる。

個人的に藤井有彩は,さほど注目していないけど,最強の抜ける女になるべく,今後も頑張れ。

女優さんに対し最低限のリスペクトを持つべき

藤井有彩さんは、近年、最も好きな女優ですが、本作品は演出が最悪です。

女優さんにドッキリを仕掛け、素の表情やハプニングを楽しむコンセプトは分かります。

ただ、この作品は制作側のAV女優蔑視の姿勢が透けて見えて、不快極まりないです。

台本通りに不機嫌な態度やスタッフへの悪態を演じさせてるとすれば、絶望的にセンスが無いです。

単に、藤井有彩さんの印象を悪くするだけで最悪です。

偽台本を用意してガチなドッキリを仕掛けたとすれば、藤井有彩さんに対し失礼極まりない事だと思います。

藤井有彩さんは作品ごとに与えられたテーマを真摯に取り組む印象でしたので、スタッフへの不信感が物凄く募ったのではないかと思われます。

藤井有彩さんが本作品が原因でAV業界に見切りをつけたとすれば、こんな残念な事はありません。

面白ければ、女優が気持ち良ければ全て許されるのか?そんな馬鹿な話はありません。

全裸で全てをさらけ出してくれる女優さんに対し、制作側はリスペクトを持って撮影に臨んでほしいと切に思います。

過保護終了とは?

よく分からないんだけど、過保護終了とはどういうことをさしているのか。

女優をプレイ以外の場所でぞんざいに扱うことが過保護終了ということであるなら、それは見たいものとは全く違うと思うけど。

茶番はあるが、エロさは最高

藤井有彩が、ドッキリ的な騙されパターンが、嫌いでカメラが回っている中、性格が悪い女の子の素の部分が出してしまいイメージがどうのこうのって言う、茶番的なやりとりが面白いまぁ、設定は別として、Hシーンは、やっぱエロいね~素敵な巨乳の揺れは最高!なんだかんだ言って、感じまくりの逝きまくってくれる感じは興奮します。

女優の悪態に退く

巨根をハメられた女優の反応もスタイルも良いのに、終始不機嫌になって悪態を突いている様に、見ていて気分が悪くなる。

そういうシナリオだとしたら女優のイメージダウンだし、素なら性格がよっぽど悪いんだろう!作品のコンセプトや女優の感度や反応は良いが、コスパとしては悪い。

格安になってから買うか、レンタル鑑賞で充分かも・・・

スタイルよし

このシリーズはとてもいい。

女優はもう少し感情移入できなあかなぁナイスバディですが。

藤井有彩を突きあげまくり

藤井有彩を監獄ベッドの上で背面騎乗位で突きあげまくっている男優は沢木ではなく沢井亮ですね。

いずれにしても、良い仕事をしています!!
本編はこちらから