【小早川怜子】ペットになるまでも観たい。 – 僕だけの巨乳女教師ペット 小早川怜子

本編はこちらから

僕だけの巨乳女教師ペット 小早川怜子

女優名: 小早川怜子

最初から言いなり

女教師・怜子は、ある男子生徒の前では何でも言いなりのペットである。

授業中におっぱいを責められ、放課後にはフ〇ラを強要され、試験中にもおっぱいを丸出しにさせられ、股間を責められる。

さらにローターを仕込まれた状態で同僚教師を誘惑させられ、同僚教師に犯●れる。

続いて「ご主人様」にも犯●れ・・・・。

作品としては悪くはないが、怜子は最初から言いなりペットであり、どういう経緯でペットになったのかが全く分からない。

せっかくの拡大版なのだから、ペットになった過程も描いてほしい。

その意味で評価は普通にとどまる。

何か物足りない感じが

巨乳で美人の小早川サンが女教師に扮し男子生徒(僕)のペットで凌●サレル筋。

シリーズもの。

見所は僕ゃ学年主任の(黒田将稔)からの凌●。

今回の僕は完全な主観では無くて終盤は顔も見せます。内容前半~僕が乳揉み..イラマ抜きで咳き込み○次はミニスカで僕からローター責め。

小早川が口を手で塞ぎ鉛筆で乳首&パンティ上から扱かれます。

中盤~(ロッカー+倉庫)で溜池作品お馴染みの僕が覗く傍らで黒田から写真を撮られイラマ.体位も多めにSEXし→舌射お掃除F..良い。

終盤~僕カラのお仕置きで放課後の教室でハイレグで(111分)~キス.パイズリ.床で背面騎乗位で1回転..顔射と小早川さんの女教師はエロさも出し内容は悪くありませんが終盤→僕の顔を急に見せ→ここは最後まで主観で通した方がよかった感じがしました。評価は良いの手前くらい

可も無し不可も無し

小早川玲子さんのファンなら良作、そうでないなら凡作ですかね。

決して「悪い」作品ではないんですけどね。

まあお馴染みのシリーズなので展開もいつも通りで、特にどんでん返しや趣向を凝らしたプレイがあるわけでもありません…。

しかしこれに限りませんが男性の一人称視点でやる意味あるのかなあ…。

もし一人称視点を使うのであれば、大好きだった先生が不良に犯●れ弱み握られて日常の裏で調教されていくのを物陰からこっそりと目撃して見つめる気弱な男子生徒の視点、という事にしたほうが背徳感があって面白いかもしれませんね。

ペットになるまでも観たい。

試験中に弄ばれ、必死に声を出すのを堪えながら悶える怜子先生にそそられました。

このシーンでは黒パンストだったことも、個人的にはうれしかった部分です。

個人的には女教師が男女を問わず生徒にやられてしまうというのは好きなシチュエーションなので、この作品も良いと思いましたが、細かいことをいうと、最初からいきなりペットであるというより、ペットにされてしまうまでがどんなものなのかも見せて欲しいところです。

本編はこちらから