【持田茜(しじみ)】エロくない – 初パイパンそしてアナルファック 持田茜

本編はこちらから

初パイパンそしてアナルファック 持田茜

女優名: 持田茜(しじみ)

なんか、間延びした作品、という印象

アナルFUCKシーンで、凹に、ベタッと絆創膏(?)を貼るんではなく、テープを4本(3本だったか)横に貼るのは、こういう隠し方、見たことがなかったので印象的だったけど、後はダラダラした展開(?)で、なんかなあ、です。

レンタルだったら、「損した」ですね。

いろいろてんこもり

パジャマ姿で肛門診を受けるあかねちゃん。

指をぐりぐりされて恥ずかしながらも、気持ちよさそうな表情がかわいい。

本当にお尻が好きなんだなというがよくわかります。

パンダになってアナルに水色のバイブをずぶずぶされてたり、浣腸をされている姿はなんともいとおしく必見です。

お試しになら

ちょっとマニアックですが、アングルが良い+パイパン+浣腸でお得感のある内容。

軽度のマニア、パイパン好きなら楽しめる。

女優は良いのに・・・

内容がオムニバスなのに中だるみ感があるかな?ひょっとしたらカメラアングルのせいかも?女優さんはとても良かった、天然感が好きな人には良いかも?

期待よりは低いな…

わくわくして見ましたが、意外にのっぺりした顔立ちで興奮度は低い。

コスプレが萎え感につながりそれが原点対象。

モザイクが薄く、具が見えないよう割れ目をテープで止めてノーモザイクで見せるなどギリギリショット連発でいいです。

 ビラビラがモロに映っていましたが、肛門付近のビラビラか小陰唇のビラビラか何回も見ましたが結局どちらかわかりませんでした。

いや~

いつ観てもかわいい茜ちゃん、個人的にはもっと素がでるような作品ならヌキまくり~でしたが、それでもいい作品でした。

うーん

かわいいんだけどケツがかなり汚かったアトピーなのかな?パイパンはよいね

良いです!

早速買ってみましたが、良かったですよ!アナルファックが最大の見せ場です。

気持ちよさそうでした。

持田茜史上「(ある意味)もっとも危険な作品」

真性M女優「持田茜」が初パイパンおよびアナルFUCKに挑んだ一本。

オープニング早々、ひよこの着ぐるみ姿で登場するシュールな茜嬢。

「マン毛の部分だけ黒い」という理不尽な理由で、その場(電車内)で剃毛され、見事「ツルツルマ○コ」に変身。

続いて、園児服姿で路上で遊んでいる所を通りすがりの変態オヤジに連れ去られ、公衆トイレでたっぷりと悪戯される。

中盤は、「ゴスロリ人形」に扮したモッチーが「生きたダッチワイフ」と化す。

その後、「アナルお医者さんごっこ」で、直腸内をCCD撮影。

「浣腸シーン(パンダの着ぐるみ着用)」を経て、ラストは、マ○コをわざわざ粘着テープで「封印」してのアナルFUCK。

「コスチューム(園児服)」「プレイ内容(パイパンアナル)」共に、持田茜史上「もっとも危険」と呼べる内容。

なにげにフェチ心に響きました

まんぐりがえりで黒いパンティーをずらすとそこには網タイツの下、アナルがバイブで詮をされた状態。

とっても好きな映像でした。

前張りを貼るシーンや、1本の筋へと変化していくオマンチョ。

しわを伸ばしながら隅々まで丁寧な剃毛。

そしてパンティーの小さな染み。

そんなちょっとしたことが私のフェチポイントになりました。

無毛

持田茜ちゃんがパイパンに。

アソコの毛を剃られ、あらわになった一本スジ。

おまけにアナルファックまでしちゃっているんだから見ごたえありました。

やはり

何気にストライクこの子可愛いですアナルでもいけるのがすばらしい。

中途半端な顔だがやる事は一流。

顔はいいのか悪いのかわからないような中途半端なタイプでが、やる事は超一流。

毛は剃るわ、ケツの穴にも入れるわ、中には出すわでご苦労さん。

エロくない

パイパンには興味が無かったけど、持田茜のパイパンは興奮する。

テープでとめて1本すじにするのは今までありそうでなかった。

着ぐるみのコントはエロく無いのでイマイチ。

本編はこちらから