【黒木いちか(東条かれん)】モザイクが…。 – HyperIdeaPocket 究極の尻フェチマニアックス 黒木いちか

本編はこちらから

HyperIdeaPocket 究極の尻フェチマニアックス 黒木いちか

女優名: 黒木いちか(東条かれん)

おしりきれい

極上のおしりですね。

顔面騎乗されてみたいという欲望にかられました。

お尻に執着したプレイも多かった

お尻は良いんだけど若干物足りない

最後の絡みは手マンでの体のビクつきがエロくカメラ目線でジュルジュルとフェラしていくのもエロくバックや騎乗位でのむっちりしたおしりが見応えがあって良かった2回目の絡みは、バニーガール姿でカメラ目線で舌を舐めあうキスがエロくちんぐり返しでのアナル舐めの様子やフェラの舌使いもエロく騎乗位の上下の動きも良く最後のキスも良かった最後の絡みは電マやバイブでの反応もよくバックでのあえぎや騎乗位のおしりがドアップになった上下の動きもエロく顔射後のお掃除フェラもなかなか良かった

極上のヒップ

はっきり言って,黒木いちかのヒップは,極上です。

サイズ,形,割れ目の深さとも尻フェチならずも見入ってしまうほど立派です。

顔騎,尻コキ,騎乗位ファックなど,ヒップ,ヒップ,ヒップの連続です。

四つんばいのポーズが多めで,もちろんヒップ中心のカメラアングル。

そして,フェラは攻めのシゴキ系で,ダイナミックなボディーとも,体育系のノリで激しく動くプレイを繰り広げます。

お顔も可愛く,抜ける女です,黒木いちか。

エロい尻ですが

尻伝説のほうが彼女の尻のよさを活かしていました。

こちらは明るい方向性で、バラエティとしては良かったかもしれませんが、抜くために購入した人にとっては物足りなくなるでしょう。

男優が前に出すぎている印象です。

シリーズ初の三ツ星か・・・。

いちかという、極上肉厚ヒップという素材を十分に生かしきれなかった作品。

尻ズリ・尻コキ等は十分収録されていましたが、ムッチリヒップを鷲掴みにして突きまくるドッギースタイルが少なくて残念です。

徹底的に美巨尻を舐るシーンがあっても良かったのではと思います。

フェラシーン等尻フェチから外れたシーンが長かったことも減点要因。

本シリーズにハズレがなく期待が大きかった分だけ評価はディスカウントし、不本意ながら本シリーズ初の三ツ星評価とします。

素材は抜群だけど・・・

尻伝に完全に負けています。

男優、インタビュー内容等など、どれをとっても中途半端。

これを見るなら、尻伝説をおススメします。

モザイクが…。

モザイクがでか過ぎて 肝心なアナルが見えませんこの女優さん パンパンのお尻でとても好感がもてるおしりなのですが やはりアナルが映ってないとエロさも半減しますオッパイが小さくお尻の大きいこんな感じの女優さんもっと増える事今後期待します
本編はこちらから