【佐伯奈々】いやいや、多分犬なのだよ – 世界で一番卑猥な接吻 3

本編はこちらから

世界で一番卑猥な接吻 3

女優名: 佐伯奈々

川上ゆう

川上ゆうの絡みがよかったですね。

彼女のMっ気を存分に発揮させた話になってます。

何となく幸の薄い美人女優さんですが、エロですねこの人。

プレイ後の風呂場の短い接吻シーンがなんかよかった。

ある意味接吻以上のプレイとなってて賛否両論とは思いますが。

昭和の香

照明等の使い方を見ていると昭和の香りがします。

個人的には、照明の使い方が暗いのは気分も沈みます。

内容は、題名の通り卑猥な接吻でした。

艶堂しほり女史の演技力には、素晴らしいものがあります。

また、男優の小沢とおる氏の演技力も光るものがありました。

土方着もよく似合っていました。

助平な先生役での演技も中々はまっていました。

世界で一番卑猥な接吻3

「ヘンリー塚本」の悪いところをそのまま真似をしただけのものだ。

だいたい男女が接吻するとき、舌を出し合ってことに及ぶだろうか?。

犬ではない。

また感情が全然入っていない。

機械的に舌を動かしているだけ。

有り得ない行動だ。

いやいや、多分犬なのだよ

見てませんが参考サムネイルを見ると。

二人の患者の求めに待ってましたとばかりに自らを放り出している。

?それがええねんて!^^
本編はこちらから