【小川みちる】なかなか良いが・・ – 女スパイ暴虐拷問室13 小川みちる

本編はこちらから

女スパイ暴虐拷問室13 小川みちる

女優名: 小川みちる

鼻フックの豚顔が似合うむちむちちゃん!

この娘は普通の時より、責められた時の顔がいいね!鼻フックの豚顔、強●開口具をはめられた時の泣き顔、逆さ吊りで泣き叫ぶ顔が、そそるよ躰もむちむちだし、縄の食い込み具合も、SM向きでいいね!ギロチン拘束で網タイツのデカ尻を突き出し、大量の浣腸やデカチンを尻穴にぶちこまれて、ウン汁をぶちまけるのが最高にいいよ!ハードなプレイもこなせるので、今後も楽しみだね

小川みちるのへそを観察する

小川みちるのへそにライトをあて器具で広げて観察するのがイイ。

見所も多かったが、もう一つだった。

この女優の逆さ吊り姿は、綺麗だったと感じた。

鞭打ちも良かった。

が、鞭→赤蝋燭→再度、鞭など連続してほしかった。

よく多くの作品に多いのが、縄師が緊縛し一つのプレーで終了してしまう事だ。

例えば、本作品で言えば、手足を四方から引っ張るプレイだ。

乳首とビラへの責めを1回ずつして終わってしまった。

せっかく大の字にしたのなら、バイブ責めや蝋燭や鞭や、足側を移動してのマングリなど応用がきくはずだが・・・。

三角木馬にしてもそうだ。

これはパッケージなどの写真用だろうか?何もプレイなしで終わってしまった。

あと、最近多くなったと感じるのが、電流責めだが、無能監督が多い。

一般の視聴者に、痛みなど理解ができるだろうか?鞭なら赤く跡が残る(稀に誤魔化しもあるが)。

蝋燭ならいくら低温蝋燭とはいえ熱いのは解る。

電流はどうだろうか?しかも、本作品では電圧のメーターもスイッチもない(映像として)。

これで本当に電流が流れていると理解できるのだろうか?そして流れているとしたらどれ位か?全く不明だ。

例えば、虐●に当たるかも知れないが、小魚の水槽で試すとか工夫が必要だ。

あっけなく終了。

前半いろんな責めがあって期待してたらチョンチョンと絡みがあって終了。

物足りなさピカイチ。

なかなか良いが・・

小川みちるさん・・彼女ムチムチの裸身がすばらしいのに・・最初は着衣が多く・・さらに・・わざわざ網タイツをはかせる・・???。

でも、全裸磔・・木馬・・以降はすばらしい。

逆さ吊りは見応えがあった。

ただ・・全体に(画面が)暗すぎる。

雰囲気よりも女優(のからだや肌)を見たい。

本編はこちらから