とびきり感は薄い娘 – 地元でアイドル的存在だった後輩が今では僕のいいなりマ●コ はるき

地元でアイドル的存在だった後輩が今では僕のいいなりマ●コ はるき

地元では評判のカワイイ後輩。

憧れ続けたあの娘が…今では、まさか僕のいいなり性奴になるなんて。

僕のお願いは、全て受け入れてくれる本当によく出来たペット。

いつでも何処でもどんな欲求にも応えてくれる。

まだ未熟なSEX経験らしいけど、僕の色にしっかりと染めていく。

つるつるの無毛パイパンは、超敏感。

愛液を垂れながして激量潮吹きまでする淫乱マ●コ。

「地元でアイドル的存在だった後輩が今では僕のいいなりマ●コ はるき」の本編動画はこちらから

ふわふわ可愛い18歳少女に幸福感満点の中出し

舌足らずなしゃべり方と、大きめの瞳。

笑うと八重歯が超可愛い18歳少女。

むちむちぷにぷにの超おいしそうなDカップボディ。

恥じらいながらブラを外すと、超絶ピンクのおいしそうな乳首。

そして、さすがは10代の超きれいな毛なし、ビラビラなしのま●こ。

散々悪戯して、ま●こも表情もとろとろに溶けてきたところで、激勃起大人ち●ぽをぬぷぬぷとこすりつけると、鼻にかかった超可愛い吐息を漏らす。

半開きの目と、ちらちらのぞく八重歯。

ゆっくり味わうようなピストンの間、もう芸術的なほどエロく可愛い喘ぎ声。

1回目は何とかち●ぽを抜いて顔にぶっかけたが、2回目は互いに理性が完全になくなってしまい、少女の中でそのまま脈打った。

絶頂を通り越した放心状態の少女の中で、数億匹の精子たちが卵子を目指す。

全体的に悪くは無いが…

全体的に悪くは無いと思う。

おっぱいは小さいものの、パイパンで、ちょっとハスキーな声で喘がれるとそそれらるものがある。

…が”地元でアイドル的存在”だったかと言うと、イマイチ可愛さとかでは弱いかな、と。

愛嬌はあって、そこには好感が持てるが。

だけど、この作品の一番理解ができないのは「地元でアイドル的存在だった後輩が今では僕のいいなりマ●コ」って言うタイトルなのに、何で最初っからインタビューで始まるかがよく分からない。

それだと”地元でアイドル的存在だった後輩”っていう設定はいらないんじゃ無いかと思う。

ドラマ仕立てなら何の問題もないと思うが、インタビューで始まってるから後輩でも何でもないわけだし。

後輩感って言うのも特にないし。

そこがタイトルと設定で矛盾してる。

とびきり感は薄い娘

かわいい娘だとは思うがパッケージほどの飛び切り感は薄いアップだとまぶたのはれぼったさが目立つ茶色のセーラー服に白ソックスローファー付き。

コレはポイント高い後半は目隠しやプチ拘束のあと中出しドロリ

「地元でアイドル的存在だった後輩が今では僕のいいなりマ●コ はるき」の本編動画はこちらから