【永井マリア】真っ赤なルージュが映える眩しい唇 – あなた、許して…。 官能小説のように2 永井マリア

あなた、許して…。 官能小説のように2 永井マリア

新人女流作家の仁美は編集長の後藤から新作の執筆依頼を受ける。

テーマは妻の不倫…人妻ではあるが男性経験に乏しい仁美は思うように筆が進まない。

創作には経験が必要だと力説する後藤は、滾った肉欲を携えて仁美と強引に関係を結ぼうとするのだった…。

「あなた、許して…。 官能小説のように2 永井マリア」の本編動画はこちらから

女優名: 永井マリア

真っ赤なルージュが映える眩しい唇

永井マリアが「偽パイ」であることから、彼女の作品に最低評価を付ける向きもあるが、永井マリアは見ての通りのルックスと、腰からお尻にかけて適度な脂の乗った、古今東西の男性諸氏が好む絶品ボディを持ち合わせた存在だ。

かてて加えて、声(喘ぎ声を含む)も良く、台詞も思いの外上手い。

これだけの要素を兼ね備えているのだから、「偽パイ」にそこまで拘る必要があるのだろうか?多くの魅力を持ち合わせた永井マリア。

その最たるものは、多少大きめの口に、絶妙のバランスがとれている上下の唇。

今の業界に永井マリア以上に真っ赤なルージュが映える唇を持った女優は然う然ういないだろう。

新型コロナウイルスが蔓延するなか、「濃厚接触」の極みである制作現場は自粛を余儀なくされ、7月以降(?)の新作リリースは覚束無い状態にある。

永井マリアの作品も御多分に漏れず、新作はJET映像やh.m.pなど数枚しかない。

現状からすれば年内の新作リリースは絶望的だろう。

それだけに単体主演ドラマであるJET映像やh.m.Pの作品はいつも以上に楽しみでならない。

暫くの間、あの素敵な唇を観る機会が無くなるのは何とも残念、そう思う今日この頃だ。

「あなた、許して…。 官能小説のように2 永井マリア」の本編動画はこちらから